各種レギュレーションに関する詳細設定

GDPR – 同意の管理

LevelPlay のメディエーションプラットフォームは、パブリッシャーがメディエーション経由で利用するネットワーク(サポートされているネットワークの場合)へユーザーの同意ステータスのコミュニケーションをサポートします。

IronSource SDK 7.7.0 以降、Google UMP (Google の CMP ソリューション) および Google の「追加同意」をサポートする CMP からの GDPR 同意ステータスは、自動的に IronSource SDK に渡されます。詳細については、こちらをご覧ください。

ironSource の API を使用してユーザーの同意ステータスを更新するには、次の関数を使用します:

ユーザーが同意した場合は、次のフラグを true に設定してください:

IronSource.setConsent(true);

ユーザーが同意しなかった場合は、次のフラグを false に設定してください:

IronSource.setConsent(false);

GDPR に対する ironSource のアプローチとユーザーの同意に関する詳細な記事はこちら

米国プライバシーコンプライアンス

LevelPlayのメディエーションプラットフォーム(SDKバージョン6.14.0以降)は、パブリッシャーがカリフォルニア消費者プライバシー法(CCPA)などの米国州のプライバシー法に基づいてエンドユーザーの個人情報の販売や共有を制限することをサポートしています。

カリフォルニア州、ヴァージニア州、コネチカット州、コロラド州、またはユタ州にいる特定のユーザーの個人情報に関する通知は、「 do not sell 」設定で値を「 true 」または「 false 」に設定することに基づいて処理する必要があります。

SDK を初期化する前にこの API を設定する必要があります。

ユーザーが個人情報の「販売」や「共有」をオプトアウトした場合:

 IronSource.setMetaData("do_not_sell","true");

個人情報の「販売」が許可されている場合:

 IronSource.setMetaData("do_not_sell","false");

米国州のプライバシー法に対する ironSource のアプローチに関する詳細な記事はこちら

年齢制限のある子供向けアプリのユーザーレベルの設定

LevelPlay のメディエーションプラットフォーム( SDK バージョン 7.1.0+ )を使用すると、子供向けアプリのパブリッシャーは、適用される法律(例:COPPA )で許可または要求される場合に応じて、特定のエンドユーザーを子供としてフラグを立てることができます。子供向けアプリのパブリッシャーは、アプリがエンドユーザーレベルでフラグを立てることを許可されているか、またはすべてのエンドユーザーを子供として扱う必要があるかどうかを判断する責任があります。パブリッシャーは必要に応じて弁護士に相談する必要があります。

特定のエンドユーザーが子供であるかどうか示すには、「 is_child_directed 」フラグの値を「 true 」または「 false 」に設定することによって行う必要があります。

SDK を初期化する前にこの API を設定する必要があります。

エンドユーザーが子供である場合(適用される規制での定義に基づく):

IronSource.setMetaData("is_child_directed","true");

エンドユーザーが子供でない場合:

IronSource.setMetaData("is_child_directed","false");

子供向けアプリに対する ironSource のアプローチに関する詳細な記事はこちら

Google Play ファミリーポリシー

アプリが Google Play のファミリー向けプログラムに参加している場合、Google Play のファミリーセクションにリストされている場合、または対象ユーザーの 1 つとして子供が含まれている場合は、次の手順に従ってください。

また、LevelPlay プラットフォームでの COPPA 準拠のためにアプリにフラグを立ててください。詳細についてはこちらをご覧ください。

子供向けアプリに関するガイダンス

アプリが主に子供向けである場合は、次の手順に従ってください:

  1. ironSource SDK 7.2.1 以降を実装
  2. Android 広告 ID( AAID )へのアクセスを防ぐため、アプリのマニフェストファイルを更新:
    <uses-permission android:name="com.google.android.gms.permission.AD_ID" tools:node="remove"/>

  3. ironSource Metadata API を使用して、子供としてフラグが立てられたエンドユーザーが AAID にアクセスできないようにします。これは ironSource SDK を初期化する前に行う必要があります。
    IronSource.setMetaData("is_deviceid_optout","true");
    IronSource.setMetaData("is_child_directed","true");

  4. アプリの build.gradle を更新:
    implementation 'com.google.android.gms:play-services-appset:16.0.0'

さまざまなユーザー向けのアプリに関するガイダンス

アプリがさまざまなユーザーを対象としている場合は、次の手順に従ってください:

  1. ironSource SDK 7.2.1 以降を実装
  2. Android 広告 ID( AAID )へのアクセスを防ぐため、アプリのマニフェストファイルを更新:
    <uses-permission android:name="com.google.android.gms.permission.AD_ID"/>

  3. 子供または年齢が不明なユーザーの場合は、ironSource メタデータ API を使用して AAID へのアクセスを防止し、Family Self-Certified Ads SDK のみの初期化を許可し、それらのユーザーに子供としてフラグを付けます。これは ironSource SDK を初期化する前に行う必要があります。
    IronSource.setMetaData("is_deviceid_optout","true");
    IronSource.setMetaData("is_child_directed","true");

  4. アプリの build.gradle を更新:
    implementation 'com.google.android.gms:play-services-appset:16.0.0'
    implementation 'com.google.android.gms:play-services-ads-identifier:17.0.0'

Important! GAID ( Android 広告 ID )へのアクセスを防止すると、収益化のパフォーマンスに影響を与える可能性があります。これらの実装の変更は、必要なアプリとユーザーに対してのみ行われていることを確認してください。